意味不明の「飾りの英文」翻訳ソルトのしわざ?



”It is defeated when working"

間違
た英文は、元の
日本語を想像すればだいたい
意味が取れますが...

"英文”が全くネイティブに
わからない場合、真犯人
が翻訳ソフトであるケ―ズ
が多い。

翻訳ソフトで "創った”
英文の特徴の二つは ”It"
と受身形の乱用ですよね。


 
JUGEMテーマ:外国語学習

at 14:41, carty, キャッチフレーズ編

comments(0), trackbacks(0), - -

クイックハーフは英語として意見不明


ふつうはで書いてある和製英語
にコメントしないことにしますが 
ニューハーフと同じ程度不思議に思った
和製英語に出会いました。それが
ハーフメード・クイックメード
(合わせてクイックハーフ)
 
因みにハーフメードフード
ready-prepared foodになります。
 
ハーフメードスーツは”ready-made suit”.
 
英語に直すとこうなるとおもいます。
Personalized prepaid bookstore gift card
 
クイックハーフ図書カードは、基本的には
ハーフメード」と同じですが、印刷をインクジェット
方式にすることでコストを抑えた商品です。

ハーフメードを作りたいけれど、注文枚数が少ない
から割高だな」と感じられる場合にどうぞ。










JUGEMテーマ:外国語学習

at 20:58, carty, キャッチフレーズ編

comments(2), trackbacks(0), - -

サンドイッチは旨かったが英文はそうでもなかった


サンドイッチは美味しかったですが
We are trying to be able to offer
always fresh foods hard. にいろいろな問題点があります。

1  ”Always" は”try"または”offer"の前に使います。
2   "Try"は現在形がいいです。いつもやることは現在形になります。
3   "Hard" は"try" の後...."Study hard" や ”Die hard" のように。
4    to be able to 要りりません。
5    "Fresh foods" より "the freshest sandwiches"のほうが迫力的。

自然なキャッチフレーズを提案します。
We always try hard to offer (you) the freshest sandwiches.
  Or
We try hard to always offer (you) the freshest sandwiches.






JUGEMテーマ:外国語学習

at 13:15, carty, キャッチフレーズ編

comments(2), trackbacks(0), - -

AQUARIUSのMove Youは正にヤバい英語





先日は日本語が読めない外国人への配慮
の欠如についてクレームをつけましたが
今回はいつものテーマに戻させて頂きます。
 
Move You.は和製英語の中でも見事に何
もつかないフレーズです。
 
“S” を付ければ 「感動させます」に
なります。ちょっとぴんとこないですよね。
 
因みに身体を動かすのが好きは”I like to get
physical exercise” や“I like to be
physically active”になります。”I like
to move my body”はヒップホップの
踊りを連想します。
 
Move Your Bodyは言えないこと
もないですが….
 
元無名コピーライターとして次の
キャッチフレーズを提案します。

 
AQUARIUS GETS YOU MOVING

JUGEMテーマ:外国語学習

at 00:02, carty, キャッチフレーズ編

comments(0), trackbacks(0), - -

「誇り」の英訳和製英語の画像はどれですか。



数か月前、Japan Prideが堂々と書いてある
自衛隊募集ポスターを目にしました。そもそも
日本に誇りを持ている(=take pride in Japan
なら何故英語を使わなければならないでしょうか。
Take pride in your workもよく使う英語です
 
Japan Prideは和製英語と言えるほど不自然な
英語です。なおI’m proud of Japan
I’m proud of being Japaneseは意思が伝わる
英語です。
 
Japanese prideは日本に対する誇りという意味
もありますが日本人らしい誇り例えば自分の仕事
に対しての誇りといういみもあります。
 
Pride of Japanは日本に対する誇りという意味
ではなくて日本人が誇りを持てる人・チーム・町など
を意味する表現です。
例えばNadeshiko (Japan) is the pride of Japan
Mount Fuji is the pride of Japan.
 






JUGEMテーマ:外国語学習

at 14:07, carty, キャッチフレーズ編

comments(0), trackbacks(0), - -

Do not eat or drinkはDo not eat and drinkより適切


画像のPlease do not eat and drink in this place
“ in this place” は不自然な響きがあります。
“In this building” “in this area” や単に”here”
すればもっとnaturalになります。
 
しかし一番の問題点歯"eat and drink". 本当は
Eat or drinkがベターです。
 
食べることも飲むことも禁止されていること
を伝えるのに “Eat or drink” と言います。
食べながら飲むこと・飲みながら食べること
詰まりeatingdrinkingを同時にすることは
eat AND drinkになります。
 
飲酒運転を禁止する Don’t drink and drive
はわかりやすい用例かと思います。Don’t drink
or driveにすれば飲酒という行為が禁止されていて
運転することもダメという変な英語になります。
 
サウジアラビアはイスラム国としてDon’t drink
当たり前でです。車の運転も許されていないサウジ
アラビアの女性やまだ飲酒も車運転もできない18
未満の若者にはDon’t drink OR driveという警告
文言が適切えすが両方できる人たちに適切な警告文言
Don’t drink and driveになります。
 











JUGEMテーマ:
国語学習

at 13:02, carty, キャッチフレーズ編

comments(0), trackbacks(0), - -

"Forever Challenge"は何故通じない?




 
広告の真のおいしさへ
Forever Challenge
challengeは副詞のforeverのあとですから
動詞になります。名詞のchallengeは日本語の
名詞のチャレンジという意味になりうりますが
動詞のchallengeは日本語のチャレンジすると
意味が違います。日本語の「チャレンジする」
は自分の能力を試してやってみる。
 
英語の動詞のchallengeは逆で何かが、誰かが
「できるならやってみろ」というニュアンスを
持っているわけです。例えば I want to challenge English
は間違いですがEnglish challenges meは自然
な英語です。英語が自分の能力を試してくれる・刺激
してくれるという意味です。「英語をチャレンジしたい」
の英訳
I want to try Englishになります。難しい
英語のI want to challenge myself by studying
Englishという正しい言い方もあります。
 
一番簡単な説明はこうです。
日本語の「チャレンジする」は Try
動詞のchallengeはその逆の「トライさせる」
 
名詞のchallengeは挑戦・チャレンジと同じく
「能力が試される課題」という意味もありますから
次のようにすればno problemです。

Our Eternal Challenge 我々の永遠の挑戦
 
(Eternalは形容詞ですからChallengeは名詞形です。)

Forever + 動詞のChallengeを使った場合は 
We will challenge ourselves forever.
になります。


追伸 動詞のchallengeには(誰かに)決闘を挑むという意味もあります。
だからMomotaro, who is always challenging the oni’s
いつも鬼に挑む桃太郎はOK








JUGEMテーマ:外国語学習

at 11:40, carty, キャッチフレーズ編

comments(3), trackbacks(0), - -

菜食レストランの問題点のある英語看板



名古屋のとある菜食のレストランの英語看板
は決してひどい英語ではない。客さんの99パーセントは
日本人なら、英語で書く必要性は疑問ですが。

It's safe, healthの”health"を”healthy"にすればいいです。

"We are particular about your everyday meal"(=あなたの
毎日の食事にこだわります)のmealを複数 mealsにしないと
正しい英語じゃない。なぜならeveryday meals はbreakfast,
lunch dinnerで複数食時ですから。

We are particular about the food we serve (you) にしたほう
が論理的です。僕を含めて多くの人の everyday mealsは家で自分
で作ります。レストランまで我々の毎日の食事(例えば僕の朝のコーヒー
とトースト)にこだわる必要などないと思います。

このレストランのHPを見たらeveryday mealのあとに下記
の英語が書いてありました。
it's site, health and natural. 「it's] はミスです。”health"
と”natural"は healthfulness と naturalnessにすればいいです。

Where it comes from, its healthiness [healthfulness]
and naturalness.

間違った英語で恥じをかくよりも日本語で書いたほうがいいのではと
いつも思っています。もっと日本語にプライドを持って欲しいですね。
英語へのコンプレックスを捨てて、英語が必要なとき、正しい英語
を使いましょう。


JUGEMテーマ:外国語学習

at 17:12, carty, キャッチフレーズ編

comments(5), trackbacks(0), - -

「The Human Sports」っ、てどういう意味でしょうか


最近、自転車で移動している内に
目の当たりにしました。

まずは競輪は一つのスポーツなので
英語に変換するとSPORTSが
単数形のSPORTになります。

次にTHE HUMAN SPORTは英語
としてあまり意味がわかりません。
イルカがやるスポーツがあるとすれば
Dolphin Sportになるように人間
がやるスポーツがすべてHuman
Sportsでしょう。

"I'm only human" のhumanは
神様と違って、人間特有の弱み
があるという意味です。この意味
もあまり合わないとおもいます。

人間味のあるスポーツなら THE KIND-HEARTED
SPORTやTHE SPORT WITH A HUMAN TOUCH
になりますが、それも競輪の宣伝に
ぴんと来ないようです。

次にに思いついたのはHuman Drama
です。しかしすべてのスポーツには
Human Dramaがあるのではないかとも
思いました。

どういうふうに展開するかわからないという
意味ならTHE UNPREDICTABLE SPORT
(=予言出来ないスポーツ)
やTHE SUSPENSEFUL SPORT(=サスペンス
あるれるスポーツ)があります。

THE BREATHTAKING SPORTや
THE HEART-STOPPING SPORTも
ハラハラ・息をのむスポーツという意味で、
英語として、僕の最後の四つの提案は全部
THE HUMAN SPORTより意味のある
キャッチフレーズになります。



JUGEMテーマ:外国語学習

at 14:58, carty, キャッチフレーズ編

comments(2), trackbacks(0), - -

「Enjoy my life!」はヤバイ英語?!


今日は名古屋のとあるクリニックの
看板に書いてあった Enjoy my life!
を見て、きっと「(私は自分の)人生を
楽しんでいるよ」という意味を伝えよう
とするだろうと思いました。

しかし、Enjoy my life! は命令形
で「僕の(吾輩などの)人生を楽しんでね!」
です。「My life」はあくまでも
第一人称の「僕の人生」ですからね。

考えてみれば、Facebookなどで自慢
する人が上記の本来の意味で”Enjoy
my life!"と言っていることを想像
できなくはないのですが....

でもブログなどで Enjoy my life! と書く人たち
のほんとうに言いたいことは I'm enjoying
my life あるいは I enjoy my life でしょう。

I'm enjoying life. も I enjoy life. も
OKです。ところが I'm enjoying
my life. I enjoy
my life. のはうが「僕自身の」というニュアンス
が強いです。

なお「(あなた自身の)人生を楽しんでね」と
いうことを英語で伝えたければ Enjoy
your life. と言えばいいです。

一般論的に 「人生楽しもう」は単に
Enjoy life. Let's enjoy life. になります。

ブログなどのサブタイトルを正しい英語で表現
したいなら Enjoying My Life がお勧めです。




JUGEMテーマ:外国語学習

at 21:26, carty, キャッチフレーズ編

comments(1), trackbacks(0), - -