<< アメリカの国旗には”color"がない、”colors"があるじゃん! | main | 宝石店は”jewel"を扱っていない?! >>

午後の紅茶"Break on the Desk"はおかしくてひどい英語!


大手会社の英語に対しての責任のなさ
にあきれれることがあります。

きょうキリンの午後の紅茶Break on the Desk
をコンビ二で買っ飲みました。ぼくの舌に合わなかったが
もっと気になったのは”Break on the Desk"という
まちがった英語です。

二人の大統領の”feet on the desk"の写真
でわかるように、”on the desk"は「デスクの上」と
いう意味なのです。

(アメリカの大学でデスクの上に座っている教授
はそう珍しくない光景です。日本では考えられい
ことですよね。)

一方、テーブル、机、デスクに座る動作は

”sit AT the table [desk]"で表現します。

デスクのに座って休憩することはおかしい
Kirinの”Break on the Desk"はそんな意味ですよ。

(学校で英語の前置詞の使い方の教え方
にもと力を入れて欲しいです。とくに”on" ”at" と

”in")

KirinはBreak at the Desk"にすべきでした。

Kirinのような大きい会社には英語をチェックする
能力がないと信じがたいです。

このような間違った英語は
英語を使う非日本人の立場を考えてないことと、
日本人の英語のレベルアップにに無関心
であることを示唆すます。






JUGEMテーマ:外国語学習

at 21:20, carty, 日用品編

comments(2), trackbacks(0), - -

comment
Robin, 2011/09/22 12:28 AM

こ、これはまたスゴいですね!
キリンのような大企業でもこんな状態なんて、おかしい通り越して悲しいです(>_<)

Carty, 2011/09/22 6:48 PM

コメントありがとうございます。キリンの態度は国際化につながりませんよね。実際上世界共通語になった英語を国際コミュニケーションの道具として尊重すべきだと思います。すごく広いデスクだとデスクの上に登って
"take a nap ON one's desk”
(=デスクの上で昼寝する)と言えます(笑)
だが椅子に座ったまま昼寝をするのであれば"take a nap AT one's desk"と言います。










trackback
url:トラックバック機能は終了しました。