<< 神戸情報館のとんでもないミス | main | 子供のT-シャツにショッキングな英語 >>

"Kobe City"と”City of Kobe"どちが自然?



ちょっと見づらいですが
名古屋市の下に
City of Nagoya
書いてあります。

いっぽう、神戸市の下に
Kobe Cityが書いてあります。

名古屋の勝ちです!

”Paris City" "London City"
"Rome City" "Seattle City"
とは言いません。

”the City of Paris" "the City of London"
”the City of Rome" "the City of Seattle"
は正式名称です。

普通は、単に ”Paris" "London" "Rome"
"Seattle"と言います。

New Yorkは州も市もありますが
混同しやすいですよね。
”I live in New York"なら
州?市?どち?
混乱を回避するために例外として
New York City と New York Stateと

区別します。

ハワイ州はありますがハワイ市が
存在しませんので
”Hawaii State"とは言いません。
”the State of Hawaii"
OR 単に ”Hawaii"と
言います。

州立大学の例として
Michigan State University,
Ohio State Universityを
ピックアップしました。”University"
を省略することもあります。
"Jim went to Ohio State."は
「ジムはオハイオ州立大学に
通っていた」という意味で
「ジムはオハイオ州に行った」
は"Jim went to Ohio/Jim
went to the State of
Ohio."になるわけです。

ちなみにフィリピン共和国は
the Republic of the Philippines
です。

なお、慣用的に愛知県はAichi prefectureで
”the prefecture of Aichi"
と言わないし渋谷区はShibuya
wardでthe ward of Shibuya
も言わないのです。



JUGEMテーマ:外国語学習

at 11:38, carty, その他

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://carty.jugem.jp/trackback/179