<< 絶対長すぎる!Ministry of Education Culure Sports Science and Technology | main | 英語より画像が怖いステッカーを発見! >>

Starbucksの超変な英語:LET'S MERRY.


去年Starbucksの
Bring My Cup
(正しく言えば ”Bring
your Tumbler")について
いろいろとコメントしましたが
今年はもっと変な英語
を披露しました。

Starbucksのような
Born in the USA
と自慢できる企業の英語
が正しい、いい英語と
思えば大間違いですよ。

Let's Merry.
いっしょはあたたかい


というキャッチフレーズ
の日本語の部分の意味が

わかりますがLet's Merry
いう英語は存在しません。
スターバックス語です。

Anonymous-さん
(=匿名さん)が教えて
くれたましたが
Starbucksは国際的

にこのスローガンを意図的
に使っています。
面白いと思っている
人もいればぼくのように
評価しない人もいます。
あくまでも普通に
使う、正しい英語
ではないことを指摘
したかったです。

Let's Make Merry.
(=飲んだり食べたり
楽しく浮かれ騒ぐ)
やそれをやる人の
merry-maker
ありますけれど...

”Make merry"と
いう言葉は古風や
文学的な言い方です。
そして
”merryーmaker”
は書き言葉として
使われています。

"Let's be merry"
は”Make merry"
はより落ち着いた感じ
の言い方です。”Make merry"
ほど、「浮かれ騒ぐ」という
ニュアンスがありません。

”レツ・メリー”を
耳にするなら
ネイティブスピーカーは
”Let's Marry."
(=結婚しましょう)
しか想像しません。

因みに 
「結婚しましょう」
という日本語を
言い表すのに
”Lets get married."
のほうが自然な英語です。

一生を共にしたい
素敵な女性をみつけた
読者に提案があります。

Starbucksの

Let's merryのキャンペーン中、
エンゲージリング
(=engagement ring)
を箱から出して、
同音異議の表現の
”Let's marry"と
プロポーズ
してみたらどうですか。

最近Merry Xmas と
Merry X'masをあちこち
みます。(欧米では
アポストロフィのないMerry Xmasの
ほうが主流です)

”Xmas"のXの由来を
気にする人は少なくないか
と思います。少し説明
しましょう。

Merry Xmas
の "X"は”Christ"
を意味します。

キリスト(=Christ)
はもともと
ギリシャ文字で
Χριστός
 
と書きます。
”ローマ字に返還すると
”Kristos"になります)
その

頭文字の”X"は
ギリシャ文字の
”Christ"の省略
です。

Let's be merry
at Christmas and
during the New Year
Holiday.

PS (=追伸)
I love Starbucks!




JUGEMテーマ:外国語学習



at 22:09, carty, キャッチフレーズ編

comments(2), trackbacks(0), - -

comment
anonymous, 2011/12/01 11:16 AM

Let's merry is supposed to be a cute phrase for Starbucks during the holiday season. Check out Starbucks USA's website. The same phrase is intentionally used and is supposed to be catchy.

Carty, 2011/12/02 12:45 AM

You are correct that Starbucks considers "Let's merry" to be catchy and uses in intentionally. Personally, I don't find it cute and consider it "cheesy". I guess it's a matter of taste. It is however not correct English and that is what I wanted to point out to Japanese learners of English. I will mention that Starbucks is using this slogan intentionally
and internationally. I wish to thank you for bringing that to my attention. I hope you have a merry Christmas.










trackback
url:http://carty.jugem.jp/trackback/193