<< ”Get Old With Me”とレノンの”Grow Old With Me"と大違い? | main | いすゞのThe Truck of Japanは効果的が英語としてはいかが? >>

アメリカの飛行機でも目にする間違ったseatbelt sign!?


数日前、ANAの飛行機
のなかで”Fasten Seatbelt
While Seated"を見たとき、
違和感を感じました。

尚、アナウンスのせりふ
は ”Keep your seatbelt
(securely) fastened”
です。

実はアメリカの飛行機でも
この間違った英語を見た
ことがあります。正確さ
より短さを優先している
わけです。でもアナウンス
のとき、正しい”Keep your
seatbelt (securely)fastened
と言います。

”Fasten"は瞬間動詞です。
"Fasten"はつけている状態
ではなくて、単なる瞬間的に
終わる「つける」という動作
を意味します。

着席中の状態は”My seatbelt
is fastened"や”I'm keeping
my seatbelt fastened"と
言えますが”I am fastening
my seatbelt"は数秒間しか
言えません。同じく、”I'm getting
on the train"はすぐ終わる
動作で、続いているのは”I'm
riding on the train".

「シートベルトを付けなさい」
は”Fasten your seatbelt"
のほかに、上の小さい画像の
”Buckle up"という瞬間
動詞も使います。

"Safe driving"と
”Safe flying"のために
Let's keep our seatbelts
fastened! また Let's
keep buckled up!





JUGEMテーマ:外国語学習


at 19:50, carty, その他

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://carty.k-arts.net/trackback/198