<< 三つの画像のキッズのどれが間違っているか | main | 佐川急便のFit Your Businessはなんと...命令形だよ! >>

”Bland New Sense of Beauty"ってありうる?


最近名古屋の八事で不思議な
英語を発見しました。

ひとつは単なるスペルミス
Legcy
というマンションの名前

は(車のように)
Legacy
すべし!

あとは

Bland new sense of beauty

こちらのほうが面白いミスです。

Bland は 「面白みのない」
「退屈な」 (おかゆのような)薄味ー
現代英語ではほとんどマイナスイメージ
です。たとえば

  a bland soup

    a bland politician

    a bland comment

     a bland comedian
       (「ヒロシです」としか言わなかった
    一時期流行ったコメディアンは確かに
     ”bland"としか言いようがない)

正しいキャッチフレーズはこうです。

Brand new sense of beauty

会話では前後関係や文脈でどっちがどっち
がわかりますが、英語で物を書くとき、
辞典などでつづりを調べないと恥を
かきかねない。

"L" と "R"を聞き分けるようになれば
英語のヒアリングが楽になります。

因みに、"fright attendant"は
存在するとすればお化け屋敷の授業員
を想像します。だって”fright"は
「恐ろしい体験」や「一時的な恐怖(感)」と
いう意味です。

空の旅のあと、”How was your flight"
や”Did you have a nice flight?とよく
聞きますよね。

死ぬ前に、一度お化け屋敷を出た人に
”Did you have a nice fright?"と
聞いてみたいです。(笑)

英語を書くとき、書き間違えないように、
そして恥をかかないように、次の”L"と”R"
の言葉に注意しましょう。


free   flee (=逃げる)  flea (蚤のみ)
 (フリーマーケットは ”free market"ではなく
”flea market" です。)

fright      flight

fresh       flesh

erect       elect
erection  election

crowd      cloud

crew       clue

fruit        flute

pray       play

present    pleasant

correct     collect

blessed   breast

crash       clash (意見などの衝突)




JUGEMテーマ:外国語学習


at 22:34, carty, キャッチフレーズ編

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://carty.k-arts.net/trackback/220