<< Manaca IC カードの「紙幣」「おつり」の英訳はOK? | main | Be Happy! Be Radiant!ならわかる英語なんですが... >>

北野監督のOutrage Beyondは変な英語語順

JUGEMテーマ:外国語学習




北野監督の新作映画
アウトレイジ ビヨンド
Outrage Beyond
の英語の順番に違和感を
感じます。


実は(画素のように)英語タイトル
はBeyond
Outrageです。

Robert B. Reichが書いた
Beyond Outrage
(=憤慨をこえて)は英語
らしい順番ですよね。つまり
前置詞+名刺 (日本語は
その逆です)

なお、"outrage"は名詞
としての意味は主に二つ
あります。("Rage" だけ
は激しい怒りという意味
です。)


(1)憤慨
(2)非道行為・乱暴行為

もし非道行為[乱暴]行為を超えて
という意味なら、”beyond an outrage"
になります。

でもたぶん北野監督が言いたいのは
Outrage Part Twoあるいは
Outrage the Sequel (=続編)
だと思います。


 

at 11:06, carty, キャッチフレーズ編

comments(2), trackbacks(0), - -

comment
shila, 2016/01/18 3:36 PM

違和感を感じる
というのもどうなんでしょう

Carty, 2016/01/19 5:02 PM

ウィキペディアで検索した結果この映画の英語タイトルは「Beyond Outrage」たとわかりました。日本語のタイトルは逆です「アウトレイジ ビヨンド」英語と日本語の順番が逆になることがおおいです。"Above the clouds は雲の上のように。










trackback
url:http://carty.jugem.jp/trackback/229