<< CoCo壱の間違った英語 | main | AQUOS Come True-叶いますように?? >>

生き物を思いやるレジ収納バック


Let's make a living thing into the world where
it can live in comfort.

画像のものは、私が数年愛用しているレジ袋収納バックです

冠詞の "a" も "the" も "関係代名詞の "which"も
スペルも 全部 「クリアー」しました。

一体全体どこが悪い

まず "a living thing" を "living things"にして、
"the world" を "a world"にします。

下記のように、この場合 "a world" が正解。


   X We hope for the world without war.

   O We hope for a world without war.

複数のものや可能性の一つを最初の紹介するときは
"the"ではなく、"a"を使います。 "a world without
war"の他に、"a world without hunger" "a world
where no child is unwanted"など全部
"a world"と言います。


そうすれば "Let's make living things into a world
where they can live in comfort" はいかがでしょうか。

一見、大丈夫に見えるかも知れませんが、実は変に意味に
ですよ。 生き物が快適に(苦しまないで)生きることができる世界にに変えましょう。

本当は、「世界を、生き物が快適に(苦しまないで)生きることのできる住処に変えましょう」

訂正バージョーン:

Let's make the world a place where living things
can live in comfort.

すばらしい願いではありますが、弱肉強食のこの世では、
なかなき実現できそうにありません。


JUGEMテーマ:外国語学習

at 11:33, carty, 日用品編

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:トラックバック機能は終了しました。