<< 浜木綿の英語メニュの惜しいミス | main | 「砂浜の素晴らしい眺め」の惜しいミス >>

「トング」の英語はなぜ複数?


 

トング
Tongu


知多半島のえびせんべい工場
で上の看板をみました。

スタッフに尋ねてみれば、多分
「別に英語で書いたつもりもないですよ」
と言われそうとも思いました。

カタカナのトングをローマ字にすれば
いろいろな外国人はわかるだろうと
工場スタッフは判断したでしょう。

そういう心遣いはありがたいですが
今日のネタに使わせていただくことに
しました。

英語は日本語と違って、いちいち単数・複数
を区別する言語です。一部の言葉は 「ひとつ」
「一丁」なのに "s"を付けます。メガネの場合、
レンズがふたつあるからでござる。はさみは
刃がふたつ、トングも腕のようなパーツが二つあります。

それがゆえに、一丁のトングは "a tong" ではなく
"a pair of tongs".  数えないとき、
(つまり 一丁、二丁 などはっきり数を
言わないとき)
単に "tongs"でよろしゅうございます。

だから画像の"tongu" は

     Tongs なら英語として
       OKです。

用例をあげましょう。

 トングを取ってください

  X Please pass the tong.

    O Please pass the tongs.

  「トングを三丁買いました」 は

  X I bought  three tongs.

    O I bought three pairs of tongs.

  O I bought some tongs

    (数を言わないとき、
    "some tongs"でいいですが日本語のように
    何丁かはちょっとあいまいです。その丁数は
    文脈次第ですが、たいていは一丁のトング
    を意味します。

   メガネもはさみもトングと同じパターン
  です。 "Yesterday I bought a pair of glasses" は
  一番はっきりする言い方ですが "Yesterday I bought some
   glasses"ともいいます。 "I need to buy a pair of scissors"
   も"I need to buy some scissors"もOKです。
 
  

  a [one] pair of pliers  一丁のやっとこ

    two pairs of scissors 二丁のはさみ

    three pairs of shears 三丁の剪定ばさみ

    four pairs of tweezers 四丁のピンセット

    five pairs of glasses 五本のメガネ

    ("five glasses"は「五個のコップ」という意味
      になりますから、英語のメガネとコップを
      混同しないように注意が必要です。



JUGEMテーマ:外国語学習

at 22:55, carty, 日用品編

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:トラックバック機能は終了しました。