an athletic wearのanはミス


週一回通っているスポーツクラブに
画像のan American athletic wearを
目にしました。Wearは熟語にく使われる
数えられない名詞です。数えられない名詞
は a/an を付けないし複数のsも付けません。

因みにwork には芸術作品という意味なら
数えららない名詞です。例えば a major
work by Picasso. でも仕事という意味
のworkは数えられない名詞です。I
did many worksは不可。I did a lot of
workはOKです。数えられる名詞の
taskを使う選択肢もあります。例えば
I did many tasksと言ってもいいです。

1つのスポーツ服はa sports garment
になります。もちろん 具体的にa sweatshirtなど
と言ってもいいですよ。




下の画像はgarmentを使う看板です。
The garment industry も the
sportswear industry も言いますが
The wear industry や I bought
some wears. や I bought a wearは
言えないけれどI bought some
sportswear や I bought some
athletic wearはOK。




 
JUGEMテーマ:外国語学習

at 13:42, carty, Tシャツ編

comments(0), trackbacks(0), - -

Franteだけじゃなくてどこにもある和製英語



八事ののチラシのタイトルのRenewal Openは
和製英語です。英語ではなく
ローマ字で書いてある日本語です。それを
"本場”の英語に変換すればどうなるかを
今日のテーマにします。

Renewal Openは英語で言えば
下記の画素のとおりGrand Reopeningになるます。
英語の”renewal"は「更新」という意味を持っています。
そして英語ではopenの名詞形はopeningです。

あと「よりテイスティー」 「よりヘルシー」 は
下記の別の画素のとおり Tastier Healthierと
言います。二音節で Y で終わる形容詞は皆
そうです。例えば Happier prettier busier

最後に 英語では 9:30amが正解です。
日本で見る横文字は皆英語と思っちゃ
大間違えですよ。笑


JUGEMテーマ:外国語学習

at 22:33, carty, POP編

comments(2), trackbacks(0), - -

Man Woman は間違っているワケ


日本では上の写真のようなManWomanというサインをよく目にしますが
間違った英語です。一人の女性と一人の男性専用のトイレではないので、
下の写真のように
MenWomenが正しい表記です。トイレはどちらですか 
は 
Where is the restroom? がお勧めです。
アメリカ英語ではtoiletは便器という意味なので”Where is the toilet?”
あまり品のいい聞き方じゃないのです。日本で少し前までは 「便所」と表記して
いましたが、toiletはまさに便所という感じです。







別の言い方として”Where is the ladies’ [women’s]room?” ”Where is the men’s
room? が在ります。 “Ladies’ Room や Men’s Roomと書いてあるときがありますが、
下記のような(たまに日本で見かける) “Women’s” ”Men’s”という看板はあまり
自然な英語ではありません。






アメリカに帰るとてちょっぴり古風な “Ladies” “Gentlemen”と書いてある
看板をときたま見ますが、”Gentlemen” は文字数が多いので “Gents”と省略

することが多い





JUGEMテーマ:外国語学習

at 15:08, carty, -

comments(0), trackbacks(0), - -

サンドイッチは旨かったが英文はそうでもなかった


サンドイッチは美味しかったですが
We are trying to be able to offer
always fresh foods hard. にいろいろな問題点があります。

1  ”Always" は”try"または”offer"の前に使います。
2   "Try"は現在形がいいです。いつもやることは現在形になります。
3   "Hard" は"try" の後...."Study hard" や ”Die hard" のように。
4    to be able to 要りりません。
5    "Fresh foods" より "the freshest sandwiches"のほうが迫力的。

自然なキャッチフレーズを提案します。
We always try hard to offer (you) the freshest sandwiches.
  Or
We try hard to always offer (you) the freshest sandwiches.






JUGEMテーマ:外国語学習

at 13:15, carty, キャッチフレーズ編

comments(2), trackbacks(0), - -

スペルチェックするば治るちょっと恥ずかしいミス

生徒の一人がもらった招待状に
21th June 2015と書いてありました。

でも正しくは 21st (twenty first)ですよね。

英語は本当にややこしい! 
st で終わる 1st (first)
nd で終わる  2nd (second)
rd  で終わる 3rd (third)
th  で終わる 4th (fourth) 5th (fifth) 6th (sixth) 7th (seventh)
                    8th (eighth) 9th (ninth) 10th (tenth)

因みに 21 June 2015 と書いてもかまいません。


ところで今のイギリスの女王は Elizabeth ll で Elizabeth the Second と言います。
Queen はラテン語でRegina ーその省略は ”R” と言います。イギリスのお巡りさん
のヘルメットに ”E ll R” と書いてあります。それは”エリザベス 2世 女王”という省略です。

第二次世界戦争は "WW ll"と省略されることがあります。しかし
イギリスのエリザベス2世と違ってWorld War Twoと読みます。
英語には例外が多いですよね。

僕のフルネームは Edwin Lewis Carty lll  (”lll” は the thirdと読む)
日本語で言えば エドウィン・ルウイス・カーティー 三世 区役所など
で説明するのは大変です。(汗)








JUGEMテーマ:外国語学習

at 13:45, carty, -

comments(6), trackbacks(0), - -